36歳既婚男性自営業のセフレ掲示板日記

社内不倫が原因で会社に居づらくなり、思い切って独立し自営業を営んでます。
社内不倫に関しては幸い妻にはバレなかったのですが、不倫相手とは何となく
気まずくなり、退職と同時に縁は切れてしまいました。

 

その後1年程は会社の立ち上げからの忙しさで女遊びはとてもじゃないけど
する暇がなかったんですが、従業員も育ちはじめると徐々に自分の時間が
作れるようになってきたんです。

 

サラリーマンと違い自分の裁量で空き時間をある程度作れるように
なった事で、私の中の悪い虫が騒ぎ始めましたが、さすがに自分の会社の
女性スタッフに手を出すのはリスクが高いと思い、出会い系サイトに
登録してみる事にしました。

 

登録したのはハッピーメール、望む出会いはセフレのみ。
お互いに性欲を満たせる関係であれば十分ですよね。
正直彼女だの愛人だのは面倒じゃないですか。

 

もちろんメル友から、なんて回りくどいのもポイントの無駄でしかないと
感じたので、ターゲットは大人の掲示板。

 

要は「セフレ掲示板」って事です。

 

ただ、セフレ掲示板の「今すぐあいたい」は業者・セミプロの類らしき
書込みが多いと感じたため、「大人の掲示板」から攻める事にしました。

 

地域的にあまり近すぎるとマズイかなと思い、地元から1時間程の
距離にある地域に狙いを絞り、検索をかけてみたところ「割り切った
大人の関係希望」の投稿を発見。

 

みゆきさん、32歳、既婚、子供アリか。

 

業者系の可能性もあるかなと思いつつもプロフィールを参照。
写メは無し、掲示板投稿の頻度も高くない、さては援助系か?

 

迷ってばかりいても仕方が無いのでメール送信。
ちなみに昼過ぎに送信しました。

 

「はじめまして、○○に住む36歳の自営業者です。私も割り切った
大人の関係を築ける相手を探していますが、よろしければ少しメールに
お付き合いいただけますか?」

 

こんな感じで無難にスタートしました。

 

即返信があれば業者も疑わないとな、なんて考えていましたが
返信があったのは21時ごろでした。

 

「返事が遅れてごめんなさい、メールを頂いていたのは気付いてましたが
たまたま友達とお茶してたところで、ちょっと返信できませんでした。
早速ですが、私は既婚で子供もいるので昼間しか時間を作る事が出来ません。
それもあまり長時間時間をとることが出来ないのですが、それでも
良ければ近いうちにお茶でもご一緒してみませんか?」との事でした。

 

まあ、疑ってばかりいても進展が見込めない訳で、早速お互いのスケジュールを
調整し、会ってみる事にしました。

 

待ち合わせ場所は土地勘の無い場所でしたが、さほど苦も無くみゆきさんと
合流する事が出来ました。

 

みゆきさんは女子アナの夏目さんのようなお嬢様系のかわいらしい女性で
照れていたのか、しばらくは伏目がちで話していましたが、ある程度
私のことを気に入ってくれたのか、もしお時間大丈夫なのであれば
もう少し話がしたいとの事だったので、思い切ってホテルに誘ってみたところ
少し驚いた表情をしましたが、照れ笑いを浮かべながらOKしてくれました。

 

いくらセフレ掲示板とはいえあまりにも順調だな、ハッピーメールは
本当に大丈夫か?なんて思いつつも、内心テンションが上がるのを
抑えるので必死でした。

 

繁華街から一本裏路地に入ったところにホテル街があり、小奇麗なホテルを
選んでチェックインしました。

 

さすがにここまできたらがっつく必要も無いなと思い、みゆきさんと
たわいも無い会話を楽しみました。
ただし、手はずっと握ったままでしたが。

 

握った手が少しずつ汗ばんできて、みゆきさんがソワソワし始めた
タイミングを狙ってキスをしました。
プロフィール通りタバコを吸わない方なのがすぐにわかりました。

 

そこから30分程、お互いに少しずつ服を脱がせ合いながら
ずっとキスを続けました。

 

後から聞くと「あのキスで完全に落ちた」というくらいキスが大好きな
奥さんなのですが、旦那は面倒くさがって今ではセックスどころか
キスもしなくなったとの事、もったいない話ですがありがたいですね。
まさにセフレ掲示板さまさまの状態です。

 

しばらくキスを続けたままお互いの身体をまさぐりあって、
そのままの流れで挿入、ちなみにゴムは付けてません。
雰囲気って恐ろしいですよね。

 

みゆきさんはセックスがかなり久々だったようで、締め付けもきつく
腰をグイグイ押し付けてくるので危うく中でイッてしまうところでした。

 

その後も余韻のキスを楽しみ、名残を惜しむように別れました。

 

身体の相性は言うことなしでしたが、以後連絡はとりませんでした。
みゆきさんが遊びでは済まなさそうな雰囲気を見せたことが原因です。

 

正直もったいないなと思ったんですけどね。
ちゃんと割り切ってくれてたらなあ。

 

でも、セフレ掲示板でおいしい思いが出来るのは間違いないですね。
もちろん、今もときどきハッピーメールのお世話になってますよ。

19歳独身男性大学1年生のセフレ日記

インターネットとか見ているとやたらとセフレなんて言うフレーズが飛び交っているじゃないですか。
実はセフレっていうのには高校生の頃から憧れがありましてね、晴れて大学生になったいま本格的にセフレ探しに着手したんですよ、なんといってもセフレってクールじゃないですか。
付き合っていないのにその場の関係を楽しんで別れるなんて、男心をくすぐられるんですよ。
セフレ持ちというだけでもデキる男ってイメージがありまして、とにかく相手を探さなければと思って出会い系サイトに登録してみました。
幸い住んでいるのが都内ということもありますので出会い系サイトの登録女性もほんとにたくさんいまして、検索しているだけでもワクワクしてしまってね、恥ずかしいんですが女性のプロフ見ただけでもペニスを硬くしていました。
年齢の近いフリーターの女の子に声をかけてみたんです、もちろん相手の子も割り切りを希望している子です。
1時間ぐらいでメーメの返信を受け取れてその日のうちに5回以上もメールでの遣り取りをすることに成功しまして、Skypeで通話までもっていけました。
写メも魅力的でしたが声も可愛いし、そのまま初めてのテレフォン・セックスにまで発展。
これはいけると思いましたので、リアルでのオマンコをしようよと提案しまして週末に待ち合わせしました。
もちろんちゃんと現れましたよ、写メで見た可愛い専門学生が。
ややふくよかな感じが健康的でペニスが硬くなってしいましてねラブホでズッコンバッコン決めることができました!